ケーキの中に陶器の人形(誤飲注意)

ケーキの中に陶器の人形が入っていたので死ぬかと思った。 ガレット・デ・ロワというこのお菓子。 フランスでは公現節(1月6日(私の誕生日))にパイ菓子の中にフェーヴと呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っているものを家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれるらしい。 ただ、私はケーキの中に陶器の人形が入っていたので死ぬかと思った。 喉に詰まらなかったことが幸運であり、仄かなアーモンドの香りが祝福だったのかもしれない。 Your browser does not support the video tag

淀み

一瞬の淀みに色をつけて記憶する。 それを検証することによって全く違う色に変える。 意図的に。 連続性のある時間に沢山の不確実性が内包されていた事を改めて認識する。 その連続。

Load More Posts